生き残る 会社のオフィスとは?
トップ デスク イス 収納 その他
購入する前に カウネット アスクル オフィネット サイトマップ

その他のオフィス家具

他にもオフィスで使われている物で、インテリアなどに利用できるものはあります。そこで、その他のオフィス家具を紹介しましょう。

ローパーテーション

周囲のものや人の動きが視界に入ると、気になって仕事に集中しにくいときがあります。特にデスクワークの時間が長い総務・経理系やデザイン・システム開発系など周囲の状況などに惑わされることにより、業務に支障をきたす事が考えられる部署では、ローパーテーションを利用し、プライバシーと仕事への集中力を確保すると同時にローパーテーションの高さを考慮するすることにより、コミュニケーションの調節が可能です(パネルを高くするほどプライバシーは高くなり、低くするほどコミュニケーションは高くなります)。

パネルの高さは3つに整理できます。

・シーティングプライバシー
座って執務する状態で視線を落とすとプライバシーは確保されるが、顔を上げると視野が広がる。この場合は高さが1000mm〜1100mm程度になります。

・スタンディングプライバシー
座っている状態では完全にプライバシーを確保されるが、立つと視野が広がる。この場合では高さは1200mm〜1400mm程度になります。

・ハイプライバシー
周囲から完全に隔離される状態でプライバシーを確保します。この場合のパネルの高さは1500mm以上となります(パネルの高さは目線より高い位置になります)。

ローパーテーションは比較的価格設定が高く感じられるので、シーティングプライバシーに特化する場合はデスクパネルを採用することにより価格を抑えることも可能です。 もし、必要になる場合は覚えておきましょう。

ホワイトボード

フィスの中でよく見かける家具の一つにホワイトボードがあります。ホワイトボードにもいろいろなタイプがありますが、まず板面にホーローとスチールの2種類があります。ホーロータイプは特殊鋼板の上にガラス皮膜を焼付けたホーロー鋼板を使用しており、表面硬度が硬く、傷つきにくく、耐久性に優れています。一方、スチールタイプは鋼板に複合コート塗料で焼付け塗装した特殊鋼版を使用しています。ホーロータイプと比較すると表面硬度は落ちますが、複合塗装処理によって優れた書き味と耐久性を実現したコストパフォーマンスの高いボードです。

ホワイトボードは板面の素材以外の選択として他にもあります。

・脚付 または 壁掛け
・両面 または 片面
・無地 または 付き予定などの罫引きあり

と言った種類があり、どの組み合わせにするかは自分のオフィスによりベストなものを検討しましょう。また壁面収納書庫に組み合わせることにより、スペースを節約する方法や別注の書き込み対応も可能です。

カウンター

オフィスの顔と言っても過言ではないと言われるカウンターはそれに合った相応しいインフォメーション空間を演出します。カウンターには立ったまま打ち合わせできるハイカウンターと座って打ち合わせできるローカウンターがあります。使用目的に合わせてどちらにするか選びましょう。また正面のパネルカラーが選択できるタイプもあるので、自社のイメージに合わせた色にしたり、ハイカウンターには書庫型のもありますのでスペース効率がアップします。

またエントランス部に設置して使用するインフォメーションカウンターがあり、これには有人と無人の2つがあります。

オフィスアクセサリー

オフィスアクセサリーとはダストボックス(ゴミ箱)、スモーキングスタンド、時計などの必需品から案内板、デスクライト、パンフレットスタンド、コートハンガー、傘立て、観葉植物などの補助備品などの総称のことです。

ダストボックスは今やオフィスでは当たり前となっている分別できるダストボックスや傘立ては御使用になる人数に合わせたり、カギの有無での選択ができます。自動で時間を調節する電波時計、その他にも台車や電話台もあり、使用目的にあわせて選びましょう。

Valuable information

千葉でおすすめの注文住宅業者ランキング
http://www.customhome-chiba.info/

2017/2/6 更新